2017年5月3日水曜日

メルカリに登録したらgoogleアカウントが乗っ取られかけた話


(おかーさん)は、面白い物があると聞くと、わりとじっとしていられない性分です。

よく言えば、好奇心豊か。(よく言ってくれる人はあまりいません)
悪く言えば、若干、野次馬根性過多。

体調がよくないし、おしりも重いほうなので、ほいほいどこへでも出かけていくわけにはいきませんが、ネットだったら、おしりを据えたまま、世界中眺めてまわることもできます。

そして、その野次馬な好奇心が、変な電波を発信して、妙なものを呼びよせてしまうことも、ときどきあります。




昨日の昼間、PCのラジコ(ラジオ放送を聴けるアプリ)を聞きながら調べ物をしてたら、変なニュースが流れてきました。


■妊娠菌? 菌?



「妊娠菌」つきの米がネット通販されていて、妊娠を望む女性たちに、とても売れているのだとか。

その「妊娠菌」というのは、妊娠、出産した女性が触った米などに付着するのだそうで、それを持っていたり、食べたりすると、妊娠しやすくなると、信じられているんだそうです。


なんの冗談かと思ったら、どうやら本気でそういうものが流通しているのだそうで、医療関係の方々が、根拠がないし不衛生だだから口にしないようにと、こちらも本気で警告していました。


<「妊娠菌」付き米>ネットで高額売買 医学的根拠なし


 「女性が妊娠しやすくなる『妊娠菌』がついている」と称した白米がインターネットで売買されていることが分かった。「妊娠米」と名付けられて1合当たり最高1500円で出回るが、毎日新聞の取材で、出品者に妊娠経験がなかったり、購入者にサプリメントのカタログが送られたりする事例が確認された。「妊娠菌感染」に医学的根拠はなく、専門家は「不妊に悩む女性を冒とくする詐欺行為だ」と憤っている。【鳴海崇】 
 「妊娠菌」付き商品が売買されているのは、フリーマーケットサイト「メルカリ」。白米のほか、サプリメントや手描きの絵、アクセサリーも並ぶ。商品の販売ページで、妊娠菌は「女性が妊娠時や出産前後に触れたものにうつり、それを譲り受けて妊娠する人が続出している」と紹介されているが、日本生殖医学会は「過去に研究されたことはなく文献も存在しない」と、菌の存在を否定する。母子手帳や陽性反応が出た妊娠検査薬の画像を添付して効果を信じさせようとする出品者が多く、「6人の子どもがいるので強烈菌」とアピールしたものもあった。(後略)


効果があるかどうかは、さっぱり分かりませんが、いわゆるプラセポ効果みたいな感じで、思い込みが体調に影響して、受胎しやすい状態に整っていくというようなことは、もしかしたら、ないことはないのかもしれません。

私もかつて、なかなか子どもができなくて、風水の本をちらちら読んだりもしたものです。

そっち方面では、飾る物の色とか、絵とかに気をつけると、子どもができやすくなるというような話が、いろいろとあったと記憶しています。部屋に飾り物を置いて楽しむことの延長線上程度でしたら、生活に支障もありませんし、いろいろやってみた時期もありました。

だから、こういうジンクス的なものを、一概に否定はしませんけれども……

ネット通販を利用してボロ儲けを狙う、というような話になると、どうしたって、好感は持てません。それに引かれてしまう女性たちの、追い詰められた気持ちを想像すると、さらに嫌悪感は高まります。

うん、ダメでしょう、こんなの。


■メルカリって、何だろう(と不要な好奇心を発動)



それにしても、メルカリっていうネット通販サービス、このごろ色々な話が出るなあと思って、ちょっとあちこち眺めてみたのですが、まあびっくりするほど、変なものがたくさん出品されているようですね。


ちょwメルカリの出品商品がみんなカオスすぎるんですけど・・・(;´Д`)


ざわ○ん、というのが何者であるのか、世間に疎い私(おかーさん)には、さっぱり分かりませんが、その方が使ったかどうかわからない紙マスクが、175000円。。。。


過去の彼女からもらったラブレターが、4545円。
分からない。この値段で、これが売れる理由が。


人間も売られているようです。
上のまとめサイトにでは友人や手首や足や小指を販売している事例があがっていましたが、別のところでは、北朝鮮のとても偉い金さんを4000円ぐらいで売っていたという目撃情報も見かけました。

買って、どうするんですかね。( ̄。 ̄;)


……ていうか、こんな面白、いえ、奇妙で異様なものを眺めていたら、自分でも直接見て見たいって、思うのが私です。


■メルカリに登録してみたら、googleアカウントが盗まれかけた


というわけで、さっそく、携帯アプリのメルカリをダウンロードして、開いてみました。

登録するのに、googleFacebookのアカウントを使えるという表示がありました。
いま、そういうサービス多いですので、あまり深く考えずに、googleアカウントで入ってみることに。

(そこでやめとけば、よかったんですけど、後の祭り)

で、あちこち眺めていたのですが、ほんとに、不思議なものがたくさん出品されていました。

他国の政治家のお写真がいっぱい。
ニーズ、あるんでしょうか。

話相手のような、形にならないものも、時間売りで販売されていました。

まじめな出品には目もくれず、そういうものばかり掘り返して、見聞を広めて()いたところ、PCのほうに、何か警告めいたものが届きました。

他のユーザーがあなたのパスワードを使用しました。




Σ( ̄□ ̄lll)!!

Google アカウント○○○○に対し、お使いのパスワードを使用して誰かがログインしようとしました。
Google ではこのログイン試行を停止しましたが、最近使用した端末を確認する必要があります。


Gメールのページから、「アカウントアクティビティの詳細」というところをクリックして開きますと、たしかに、私のものとは別のIPアドレスからのアクセス試行の記録があります。

しかもそのアクセスは、我が家にあるPCや携帯などの、どれにも該当しないブラウザから、行われていることまで書かれていました。


ひぇーーー。(´;ω;)


ためしに、表示されていた未知のIPアドレスの物理的な住所を検索してみましたら、東京湾、つまり海上もしくは海中でした。

具体的には、ゆりかもめの市場前駅から、ちょっと西にいったあたり。


東京湾に謎の乗っ取り組織・・・・


いや、表示がズレてるだけで、ほんとは陸上かもしれませんけども。

でも、悪いことしてる人の位置が、地図上で具体的に示されているのを見ていると、なんともいえない気味の悪さを感じます。人の悪意の実体を目の当たりにする、というような。


こういう事態に陥ったのははじめてですが、とにかくすぐにアカウントのセキュリティを挙げなくてはいけないと思い、普段使っているいろいろなアカウントのパスワードをとっとと全部変更して、セキュリティについても一番厳しいものを選択していきました。

googleアカウントを使って、メルカリに登録してから、一時間もしないうちに、googleのアカウントのパスワードが漏れて使われていたわけですから、メルカリとの関係を疑わないわけにはいきません。確証はないけど、怪しすぎます。

なので、メルカリも即座に脱退。アプリも削除。

それから、いろいろ検索してみたところ、メルカリやgoogleの乗っ取り案件についての記事が、たくさん見つかりました。

乗っ取りの目的は、GmailGoogleウォレットの不正使用らしいです。

メアドを勝手に利用されて、ユーザーの情報を吸い取るURLを踏ませるためのメールを大量に送信されてしまったり、Googleウォレットで勝手に買い物されて、クレジットカードで決済されちゃったり。

恐ろしいです。。。

ていう話をしていたら、ほげ子さんが、「学校で、メルカリは危ないからつかうなって言われた」と、言いました。

なんだか、詐欺にあいそうになった先生がいるんだとかなんとか……。


先に教えといてよ。。。(´;ω;`)
(↑ダメな親)


皆様、ほんとうに気をつけましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿