2018年2月21日水曜日

着替え違い




あだきち君、昨日のショートステイに、私のロングトレーナー風ワンピースを着て行ってしまいました。

だいたい下の写真のような感じですが、これよりもう少し丈が長いのです。


引用元 Amazon


どう見ても女性用の服を着て通所してきたあだきち君、職員さんたちに大ウケしていたようです。


あだきち君を送り出した、おとーさんの話では、

「ちゃんと着替えて、コートを着たのを見届けてから、鍵その他を取りに書斎にちょっと戻った間に、すばやく着替えたらしい」


とのこと。

なぜ着替えたのかは、さっぱり分かりません。(´・ω・`)


裾が長くて、あったかそうだと思ったのか…。


そろそろ新しい服が欲しいという意思表示かもしれません。

春物、さがさないと。




2018年2月20日火曜日

ショートステイ・他


ひさびさの更新です。


あだきち君は、本日はショートステイ。いつもお世話になっている介護施設で、一泊してきます。

どっさりの着替えと、日課になっている日記帳や漢字練習帳と、おやつを持って、出かけていきました。ショートステイは、いまの暮らしのなかでの大きな楽しみになっているらしくて、

「明日、お泊まりだよ」

と教えると、表情がウキウキします。

昼間の日課は、日帰り通所のときと大きく変わらないのですが、大きなお風呂に入れてもらえることや、個室でテレビを借りて好きな番組を見ること、お楽しみ要素になっているようです。

「マツコの知らない世界」をよく見ているようで、家で歌を口ずさんでいます。






施設での朝ご飯は、隣接している老人ホームと同じものなのだそうで、基本和食と聞いています。

あだきち君は和食派なので、残すことなく食べるそうです。




自閉症関連のニュース



最近あまりチェックしていなかったのですが、いろいろな話題が出ているようです。

その中の一つに、一般就労したり、大学で学んだりしている自閉症スペクトラムの方々についての記事がありました。

記事の内容は、ASD(Autism Spectrum Disorder)がどういうものであるかという説明と、身近にいる(ASDではない)方々へのサポートの提案なのですが…

記事の末尾にコメント欄が設定されていて、実際にそうした同僚や部下をサポートして、大きな負担を抱え込んだ経験のある方々の、辛辣な意見が並んでいて、ASDの社会的な困難さそのものを見るかのような状況になっていました。


「自閉スペクトラム症」の人を取り巻く困難さ極端にこだわる、空気が読めない… (備瀬 哲弘 : 精神科医)
東洋経済ONLINE
http://toyokeizai.net/articles/-/208142


サポートする方々が過重な負担を感じることなく、少しでもウインウインの関係に近づくためには、やはり、適性にあった職業に出会うことと、できるだけ早い時期から、就業を意識した基礎的な訓練、努力がなされていることが必要なのでしょうけれども、それが何よりも難しいのだと思います。

テンプル・グランディン博士のように、自閉症の特性と才能をフルに生かした人生を築くことのできる人は、とてもまれですが、せめて、「空気を読」んだり「忖度」したりする頻度の少ない、技能を身につけてしまえばそれでやっていけるような職種を選びやすくなればと、願わずにはいられません。


学者さんの世界、ASD、多いと思うんですけどね……。












2018年1月2日火曜日

あだきち君と概念学習・・・

大晦日だったか元日だったか忘れたのですが、大きな書店で、こんな本を見つけました。


自閉症児のことばの学習―話せるようになってからの概念学習
久保田小枝子 (著),‎ 石井聖 (著)  コロロ発達療育センター





思わず手に取ったのですが、定価がなんと五千円
私にとっては、迷わず購入できる金額ではありませんでした。


中を見てみると、言葉がいろいろに分類されていて、下位概念から上位概念へと学習を進めていくような形になっているようでした。

文の学習も、さまざまな構文に分けて、整理されているようです。

とても便利そうですが、これはこのままの形では、あだきち君には使えないだろうなと思いました。

下位概念から上位概念への学習は、あだきち君も、これまで何度も、あの手この手で挑戦してきています。

のみもの(牛乳・ジュース・水…)
くだもの(りんご・バナナ・いちご…)

ほんとうに簡単なことのようですが、あだきち君には、この概念の階層の間に、超えがたいハードルがあるようなのです。

たとえば、「りんご」を「くだもの」と言わなくてはならない必然性が、あだきち君のなかには、ないらしいのです。

りんごが食べたいときには、冷蔵庫からりんごを取り出してきて、

「りんご、たべる」

と言います。冷蔵庫にも、家のなかのどきにもりんごがないときには、あだきちくんは「りんご、たべる」とは言いません。ほしいものが目の前にあるときに、それを直接的に指示する言葉を使って、要求を伝えることはできますが、それ以外の要求表現は、難しいようです。

そして、あだきち君の自発的な発話は、ほぼこのような、直接的な要求表現に限られます。

ですので、わざわざ総称で「くだもの」と言わなくてはいけないシチュエーションが、あだきち君の生活のなかにはありません。

おそらく、上のテキストを使っても、同じようにつまずくだろうと思いました。

上位概念、総称を理解してもらうためには、あだきち君にとって、それを使う必要があるような場面が、絶対に必要ですが、いまのところ、いいレッスンの方法を思いつけずにいます。


あだきち君の生活をじっくり見直して、言葉に置き換えるところから、進めていこうと思います。


とりあえず、今日のあだきち君は、咳が少しでているので、こんな例文を作りました。


咳が出る。

具合が悪い。

風邪を引いた。


「咳」「具合」「風邪」は、上位・下位の関係にある概念ではありませんが、関連するものとして、一つのまとまりを作れそうに思います。

「咳」については、何を指す言葉か、理解しているようでしたので、それと一緒に「具合」「風邪」を含む文を、追唱してもらいました。体調がもどったら、文字にして、書き取りの練習をしてみたり、単語ノートを作ったりしてみようと思います。




↓参考までにAmazonのリンクを貼り付けますが、この日記を書いている時点(2018/01/02)では在庫がなく、中古品が一万円以上の価格で出品されています。高いです・・・






ゆっくり過ごすお正月





日の出だか夕日だか分からない怪しい太陽



勉強


昨日は元旦でしたが、少しだけあだきち君と本を読んだり、言葉の練習をしたりしました。

読んだのは、この本。


B J ノヴァク (著),‎ 大友 剛 (翻訳)「えがないえほん」早川書房


Kindle版もありますが、紙の本を買いました。

あだきち君は、活字は好きですが、絵本が苦手です。

絵の理解が難しいだけでなく、複雑な色や形の情報を不快に感じている様子もあります。

かといって、内容的に難しい本ですと、今度は意味が分からずに、拒否します。

この絵本は、内容的にはふざけたもので、物語もなく、冗談で終始しています。

あだきち君は、冗談を理解することも難しいはずですが、この本の内容は、少なくともそんなに不快ではなかったようでした。


それから、文の書き取りの練習をしました。

「あいぱっどで あそんだ」

「ぼくは、あいぱっどで、あそんだ」

などの文を、読み上げながら、ノートに書いてもらいました。

ものすごく意味が分かるようで、うれしそうに書いてくれました。

地味な学習ですが、できれば週に五回はやりたいと思います。
続けて、積み重ねることで、何かが芽生えてくれるかもしれません。
現状を打開する鍵は、学習しているときの、あだきちくんの表情にあるような気がします。

「うれしそうに読み書きする」→「意味を理解しやすい」
「興味を持たない・不快そう・忌避したがる」→「意味を理解できない」

この推測がある程度でも当たっているとすれば、あだきち君の理解できることを増やす手がかりになりそうです。


元旦と、その翌日



昨日(一月一日)は、かなり寝坊しました。

午前中は、ほげ子さんと二人で、日曜学校でお世話になっている教会の元日礼拝に参加。
新約聖書のコリント人への手紙のお話を聞きました。

そのあと、あねぞうさんと合流して、お茶飲んでから買い物をしたあと、帰宅。
お昼を食べてしばらくしてから、近所のお店の初売りに出かけました。

私はその二回の外出で、疲労困憊。
翌日になった今日も、まだ疲れが抜けないので、無理せず休んでいました。

あだきち君は、風邪気味で咳が出ているので、今日は勉強は中止。
早く治ってくれるといいのですが…。




2017年12月31日日曜日

あだきち君とiPadと言葉の練習








あだきち君(二十歳・自閉傾向のある重度広汎性発達障害)が、iPadでマインクラフトをしていたので、声をかけてみました。


私「あいぱっど?」
あ「あいぱっど」
私「あいぱっどで、あそぶ」
あ「あいぱっとで、あそぶ」


復唱しながら、あだきちくんは、にこにこしています。
意味が分かるのだと思います。


二語文まで行けたので、もう一語、足してみました。


私「ぼくは?」
あ「ぼくは、あいぱっどで、あそぶ」

表情はよいままですし、力強く声を出しています。
おそらくは、理解はできているのだと思います。


あだきち君は、三語文を自発的に口にすることは、めったにありません。

でも、根気よく文系を教えて、使う場面をたくさん体験させていけば、いまよりも自由に発話できるようになるのではないかという手応えがあります。


私が夏に体調を崩してしまってから、療育もずっとお休みしたままですが、だいぶ復調してきましたので、そろそろ何かはじめたいという気持ちがあります。


無理はできませんけれども、少しづつ、出来ることから手をつけてみるつもりです。


まずは、あだきち君の生活に即した三語文から四語文の例文を集めて、トレーニング用のテキストを作ってみようかなと思っています。



今日の例文は、もちろんこれです。


 ぼくは、あいぱっどで、あそぶ。

 きょう、ぼくは、あいぱっどで、あそんだ。

















2017年12月28日木曜日

あだきち君とお絵かき・障害者のアートの世界


■あだきち君日記


今日は、あだきち君、年内最後の施設通所の日です。
明日から一週間ほど、冬休みになります。

年末は、とくに出かける予定もありませんので、自宅でゆっくり過ごすことになりそうです。

昨日は、施設でお絵かきの時間があったそうで、一枚持ち帰ってくれました。





もともと自由に絵を描くということが難しかったあだきち君は、小学校のころに、お絵かき歌のような決まった図形パターンをいくつか覚えたことで、お絵かき遊びが可能になりました。

そのため、何年たっても、ほとんど変わらない様式で、人物を描きます。

上の「男の子」のパターンを覚えたのは、小学生のときでした。

「男の子描いて」と言うと、必ずこの絵を描いてくれます。
ときどき、細かなアレンジが加わることがありますが、基本は変わりません。

おそらく、漢字を覚えるのと同じような気持ちで、「絵」を覚えているのだと思います。


■心引かれるアール・ブリュットの世界



最近、障害者の方々の手による、すばらしい絵画や造形作品を見る機会がありました。


第8回埼玉県障害者アート企画展
「うふっ埼玉でこんなのみつけちゃった♪」




既存の美術の価値観にとらわれることのない、アール・ブリュット、アウトサイダーアートの世界には、ほんとうに魅了されます。

アート企画展の障害者の方々の作品は、驚くほどのエネルギーがありました。


できることなら、あだきち君にも、そんな世界を楽しんでほしいと思うのですが…

画像よりも記号、絵よりも文字が大好きなあだきち君に、自由な描画の楽しさを伝えるにはどうしたらいいのか、見当もつきません。


もととも、自閉傾向の強いあだきち君は、ランダムな状態よりも、ルールの決まった、あるいは体系だった事物を好むようです。

けれども、そうした嗜好と、絵を描くことは、おそらく矛盾しないように思うのです。

展覧会では、決まったパターンを繰り返しながら大きなパワーを生み出していた作品もありました。

そういう方向で、あだきち君が楽しく制作できるよう、誘導できないか、考えてみようかなと思いました。






2017年12月27日水曜日

あだきち君日記と、我が家のウィルス性胃腸炎事情


■今日のあだきち君








今日のあだきち君は、早朝から、上機嫌でした。
理由は分かりませんが、空が晴れ上がっていたからかもしれません。

晴れた日には、通所している介護施設で、お散歩をすることが多いようです。

昨日の連絡帳には、お散歩に出たものの、公園のブランコが子供たちで混雑していて、乗れなかったと書いてありました。

それでも特に不機嫌な様子もなく帰宅しています。
ブランコは大好きですが、強いこだわりではなくなっているのでしょう。


あだきち君が大きくなってしまってからは、親子で公園に行くこともなくなり、外遊びは施設や福祉事務所のサービスに任せっきりの状態です。

私も連れていければいいのですが、あだきち君の運動につきあう体力が、もうありません。(´・ω・`)


もしかすると、二十歳の青年が、児童公園のブランコに乗る姿は、事情を知らない人から見れば、少し異様かも知れません。

でも、自閉傾向のある人は、大人になっても、揺れや回転運動を好む場合が多いようです。

もしも、姿かたちがすっかり大人に見える人が、はしゃぎながらブランコに乗っていて、そばに介護者らしき人がいる様子があれば、あだきち君と同じような事情でブランコを利用しているのかもしれません。


そんなふうに理解してくれる人が増えてくれればいいなと思います。





■我が家の風邪とウィルス性胃腸炎



ここ二週間ほど、家族が次々とやられていました。
おかげでクリスマスは台無し。
ケーキもお料理も、ナシでした。 (T_T)


まず、今月の11日(月曜日)の夜あたりから、あだきち君が体調不良に。

熱はなく、どこがどう悪いのか、本人が言葉にしないので分かりませんが、食事を全くとらず、ひたすら眠るか、お風呂に入るかしているので、確実に具合が悪いのだろうと分かりました。


大好物のおやつやおかずを見ても、全く手をつけず、ときどき、「おえっ」という声を上げて、気持ち悪そうにしているので、お腹が悪いのかもしれないと思い、翌日(12日・火曜日)は、通所施設をお休みして、自宅で様子を見ることにしました。


12日の夜には、少し食事がとれて、元気も出てきましたので、13日には施設通所を再開。
施設では、とくに問題もなく過ごしたようでした。丸二日、断食みたいな状態だったせいか、施設の昼食はよく食べたようです。


その後、18日(月曜日)に、今度はあねぞうさんが体調不良に。
少し熱があったので、病院に連れて行ったところ、風邪の治りかけと言われ、薬を出されました。



さらに22日夜(金曜日)。今度はおとーさんと、ほげ子さんが、まとめてダウン。
吐き気と胃痛。食欲不振。加えて高熱(38度前後)。

23日(土曜日・天皇誕生日)になってから、熱の高いほげ子さんを休日診療所につれていったところ、インフルエンザ検査は陰性で、状況から見て、ウィルス性胃腸炎だろうと診断されました。


ウィルス性胃腸炎では、治療薬というものがとくになく、吐き気止めや解熱剤を使いながら、症状が治まるのを待つしかないとのことでした。

解熱剤は在庫がありましたので、吐き気止めだけ処方してもらって、帰宅。

ほげ子さんもおとーさんも、翌日には熱が下がり、少しづつ、食事もとれるようになりました。

24日(日曜日)、今度はあねぞうさんが、吐き気と熱に見舞われます。

症状が、ほげ子さんやおとーさんと同じなので、ウィルス性胃腸炎だろうと判断し、病院には行かずに安静にしていたところ、一日で回復。


25日(月曜日)には、なんとかみんな元気になりました。


ウィルス性胃腸炎にはいろいろな種類があるそうですが、いずれも潜伏期間は1日3日程度、ノロウィルスの場合は症状が出るのが1~2日、ロタウィルスの場合は、5~6日とのことです。(東京都感染症情報センターの記事による)


我が家の場合は、全員だいたい2日ほどで軽快していますので、ノロのほうだったのかもしれません。