2017年11月11日土曜日

二十歳の誕生日の準備


あだきち君はもうすぐ二十歳


来月には誕生日を迎える、あだきち君。

重度の知的障害のあだきち君にとって、成人することは、どんな意味を持つのだろうと考えてみていますが、答えは出ません。

それでも、大切な節目として、何か心に残るお祝いがしたいなと思います。


プレゼント候補



できれば、今後のあだきち君の生活や、気持ちの支えになるものを贈りたいのですが、これがほんとうに難しいのです。


あだきち君は、基本的に、食べ物いがいの物をほしがりません。
物欲を表現することが、ほとんどないのです。

でも、好きなものはあります。


うつくしく光るもの。
回転するもの。
マットや布団類など、肌にふれて心地よいもの。
電子音の出るもの。
音楽
文字関係


このうち、電子音関係については、ときおり、音の出る絵本のたぐいを買っているのですが、あまり長持ちしないので、大きな節目のお祝いには不向きです。

音楽は、i Pod のような電気機器を考えてみたものの、それを好きになってくれるかどうかが未知数である上に、このところWii Uなどのカラオケが好きになっているので、それで十分と思いました。


そんなわけで、いま候補にあがっているのは、こんな感じです。


・家庭用のプラネタリウムっぽい何か
・音楽再生、もしくはラジオのついた、時計
・長座布団


プラネタリムっぽい何かは、あまり高価で複雑なものだと、あだきち君自身が操作できないので、簡単なものを探してみています。

Amazonだと、このあたりかなと。
スタープロジェクターライト、というのだそうです。


      http://amzn.to/2iME5vA


正確な星空ではないですが、回転しながら色も変わるとのことで、あだきち君が気に入りそうに思いました。

Amazonでの販売価格は、1299円となっていました。

本格的な家庭用プラネタリウムになると、お値段が、この十倍から百倍くらいになってしまうので、気軽に購入するのはちょっと無理。(T_T)



もう一つ、あだきち君のために、スケジュールの理解を支援するためのボードを手作りしようと思っています。


行く先を示す写真を、ラミネート加工したカードを、「きょう」と「あす」の枠のなかに貼り付けられるような、簡単なものを作ってみる予定です。

貼り付け方式は、マジックテープを考えています。

これまで、マグネット式、手書きのホワイトボード、アプリ類など、いろいろなものを試してみましたが、あだきち君の感性にフィットせず、続きませんでした。

それらの失敗から、次のような教訓を得ています。


・あだきち君自身で、ラクに管理できるものであること

・貼り付ける操作が、簡単であること

・常に、室内に表示してある状態にできること


そして、とりあえず、用意するカードは、三枚だけにしました。

・平日に通う介護施設

・行動援護でお世話になっている福祉サービス

・いつも買い物にいく場所


あだきち君が楽しんで使えそうであれば、カードを増やしていくつもりです。

補助的なツールを利用しての意思表示、コミュニケーションスキルの改善のために、もう一度、一緒に頑張ってみようと思います。









2017年11月6日月曜日

あだきち君の近況


ひさびさに、更新します。








あだきち君の近況


十一月に入って、だいぶ寒い日も増えてきましたが、あだきち君(もうすぐ二十歳)は元気です。

平日は介護施設への通所(10:00~15:30)と、行動援護という福祉サービスを利用しての外出(三時間)が活動のメインとなっています。

いい表情で帰宅してくることがほとんどなので、たぶん、この生活を気に入っているのだと思います。


療育はお休み中



今年の八月に、私(おかーさん)が体調を壊してから、週一で通っていた療育教室も休みがちになり、十月後半からは、思い切って、完全にお休みすることにしました。

あだきち君としては、教室に通いたい気持ちがあるようで、一日に何度か私に向かって、教室の名前を繰り返し言うのですが、そのたびに、「ごめんね、しばらくお休みね」と伝えています。

あだきち君には、支援があれば、まだまだ力が伸びると思われるようなことが、たくさんあります。

文字の読み書き、言葉でのコミュニケーションの力は、親の私たちが元気なうちに、可能な限り伸ばしてやりたいという思いもあります。


将来への思い




ものを言わずとも察してやることのできる家族と、いつまでも暮らせるわけではありません。本当につらいですが、それが現実です。

どういう形で、あだきち君が「家庭」から離れ、世の中に出ていくことになるかは、まだ分かりませんけれども、自分の気持ちを伝える手段を、少しでも伸ばしておくことで、支援してくださる方々との関係が円滑なものになるだろうと思うのです。

そういうことを考えていると、気が焦ってしまうのですが・・・

いまは自分の病気をしっかり回復させることを優先して、将来に備えようと思っています。











2017年9月18日月曜日

読書(少し読んだ)メモ・有間しのぶ「その女、ジルバ」



有間しのぶ「その女、ジルバ」


Twitterかどこかで目に入った、電子本サイトの広告が気になって、お試し版を読んでみたら、そのまま一気に引き込まれて、既刊分をKindleでダウンロードして、読了。


なんか、このパターン多いです。
いいのか悪いのか…
まあ、いい作品に出会うこともあるから、いいことにしておきますか。

(ネット広告のカモと言われても仕方が無いorz)


 



(あ、でも電子本マンガの広告って、たいてい、グロいですよね。残虐だったり悲惨だったり悪趣味だったり。ああいうのは絶対さわりません。夜眠れなくなってしまう…)


働くこと・老い・震災・戦争



さて、「その女、ジルバ」は、いま、第一巻が、Kindle版で期間限定無料になっいます。
試し読みの方は、お急ぎください(2017年9月29日までとのこと)


ざっと内容の説明を試みますが、いま、脳の体力がほんとにないので、浅~い説明になりそうです。(T_T)


四十歳になった独身女性、笛吹 新(うすい・あらた)は、加齢を理由に職場を配置替えされ、スーパーの倉庫で荷物運びをしています。

誰にでも出来る単純作業で、一生懸命働いても、体を壊したらリストラ対象にされるだけ。なんの希望もありません。不況の世の中では、収入があるだけ幸運というべきかもしれないですが、老後の蓄えを作るには足りず、不安ばかりが膨らんでいきます。


転職をするあてもなく、恋愛からも遠ざかり、上司からは侮蔑的に「おばさん」呼ばわりされる日々のなかで、新(あらた)は、生きがいを見失ってしまいます。


そんなときに、新(あらた)は、四十歳以上のホステスを募集する奇妙なBARを見つけます。

自分を変えたい一心で、そのBARに飛び込むのですが、あろうことか、マスターに若すぎると言われて、敬遠されてしまいます。

けれども、新(あらた)の気立ての良さを「心眼」で見抜いた、老ママの推薦で、当面は週末だけの見習いとして、シフトに入ることになります。

やがて、老ホステスたちやマスター、そして亡くなった初代ママである、ジルバという女性の、とてつもなく数奇な運命の物語に触れるうちに、新(あらた)は変わっていきます。


ジルバは、ブラジル移民として時代に翻弄され、身内に裏切られ、最愛の夫や子どもたちを皆失って、それでもなお、大切な仲間たちを支えて、誰よりも笑いながら生きていった女性でした。


四十歳なんて、まだまだ伸び盛り。
生き方なんて、変えようと思えば、いつからでも、どうにでも、変えられる。


心にそう刻み込んだ新(あらた)は、職場の倉庫で背中を丸めて自信も輝きも失っていた頃とは見違えるように、魅力的な女性になっていきます。


一周回って重なってくる、昭和と平成


・・・という説明だけだと、一人の女性の成長物語という印象になってしまいますが、本当にここに書きたいのは、本当はそういうことではなかったりします。


「その女、ジルバ」は、見通しの持ちにくい閉塞感に包まれた今の日本と、人の命や尊厳が紙くずのように扱われていた戦中・戦後の日本とが、不気味なほど重なって見えてくる作品です。



かつて、終戦直後に情報から隔絶されていた日系ブラジル人社会で、日本の敗戦を信じようとしない「勝ち組」と、敗戦を冷静に受け止めようとした「負け組」とが抗争し、情報格差を利用した詐欺事件が横行したり、テロによる死者まで出たといいます。


いまの日本は先進国と呼ばれて久しく、情報化社会でもあると言われているにも変わらず、とてもそうとは思えないような言論の対立や事件が、結構な頻度で起きていなくもないような……



はい、体力切れ。orz

現在、四巻まで電子化されています。
続刊が楽しみな作品です。



更年期+うつ病クエスト


ちょっと小康状態





■神経があるから痛いのよね…



無料の写真サイト pixabayで、「痛み」というキーワードで検索をかけてみたら、上の写真が出てきました。

針金で作った、人のアタマ。

なぜこれが「痛み」なのかは、分かりません。

でも、むき出しになっている針金が、このヒトの痛みを感じる神経系をも兼ねているのだとしたら…と考えてみたら、とたんに痛そうに思えてきました。


( _ _ ).。o○


■天候と体調



この金、土、日と、ほげ子さんの学校行事手伝いで出かけていました。

心配されていた大型台風18号の影響もなく、無事に行事は終わったのですが・・・

三日連続で長時間外出、しかも立ったり座ったりを頻繁にする作業があって、膝は瀕死、その他の全身の関節もかなり痛いという有様。手足が猛烈にむくんでいます。

簡単にまとめると、ヨレヨレです。(T_T)


でも、自律神経系の問題が、不思議と改善されています。

睡眠時間もしっかりとれています。(6~7時間以上)


なによりもうれしかったのは、三日間の外出中、一度も腹痛が起きなかったことです。かなり憂慮してましたから。


もしかしたら、無理してでも体を動かして外出したほうが、いいのかなとも思いますが、それで余計にダメになることもあるので、なんとも言えないところです。


無理せずに、徐々に運動量を増やす感じで行ってみます。







2017年9月14日木曜日

どうしたら平和になるのか、知ってる人はいるのだろうかと


pixabayで「平和」で検索したら、この猫さんが出てきました




朝、絵画教室の駐車場に車を止めたら、ぐらぐら揺れました。地震です。


教室が終わって車に乗り込み、運転をはじめる前にiPhoneを開いて眺めていたら、死者を出したO15感染についての続報や、「日本列島を核で海に沈めるべき」という北朝鮮の声明などが、目に飛び込んできました。


別に今日に限ったことではありませんが、おだやかな、心温まるような話は、なかなか見当たりません。

(´・ω・`)



学校で、世界の歴史を習いながら感じたことは、戦争や革命、テロなど、人為的に多くの人の命が失われるような事態が起きるときには、そういう事態を招き寄せてしまうような、構造的なゆがみや歪みが、社会全体のなかにあるということです。

そういうふうには、学校の先生は教えなかったような気がしますが(授業をまじめに聞いていませんでした(^_^;)、事実の並び具合を普通に見ていれば、誰しも自然と感じることだろうと思います。


差別や貧困は、苦しんでいる当事者が、社会のなかでマイノリティだったり、物理的・精神的に遠距離であるうちは、容易に無視されますが、そうでなくなった途端、よくも悪くも、社会を変えようとする大きな力が生み出されてしまうものではないかと思います。


誰だって、貧しい暮らしに追いやられたり、侮辱されたりしながら、苦しみつづけるのも、殺されるのも、嫌ですから。


国というくくりは、ほんとうに面倒な、難しいものだなと思います。

国民の多くが、自分が不幸なのは「国」のせいだと思えば、力はいずれ「国」そのものをどうにかする方向に向かうでしょうが、「国」の側が先手を打って、「うちが不幸なのは外国のせいだ」という方向に、国民をぎゅっとひとくくりに締め上げれば、国が内側から壊れてしまうことは、防げるかもしれません。


そのせいで、日本の上空を、気持ちのよくないミサイルなどが通過していっているのかな…というのは、ものすごく短絡的な考え方かもしれません。そんな「国」が、内側をぎゅうぎゅう縛って外側にミサイルを飛ばすようになってしまったことにも、やはりその「国」だけの問題では片付かない原因があったわけでしょうし、その原因となった事態も、さらにさかのぼったところに、よんどころない歪みがあったから引き起こされたのでしょうし……


歴史の流れのなかでは、一つを間違うと、いつまでも、どこまでも負の因果が続くのだとすれば、これほど救い用のないことはありません。



なんとかならないものですかね。



ヨハン・ガルトゥングという、社会学者でも数学者でもあるノルウェーの人が、私がつたない頭で考えた、社会の歪みのことを、「構造的暴力」という言葉で説明して、そのような暴力のない状況を「積極的平和」とする、と言っているそうです。


著書がいくつも翻訳されているようなので、そのうち、読んでみようと思います。

平和を作り出す方法が書いてあるかもしれませんから。










2017年9月13日水曜日

読書(できてない)メモ 益田ミリ「今日の人生」

紙の本は極力買わないようにしているのですが、
(少し早めの終活の一環として)


益田ミリ氏の「今日の人生」は、電子本が出ていないようなので、誘惑に負けそうになっていて、つらいです。(´・ω・`)






ネット上で、少し見られるようなので、指をくわえつつ、そちらを眺めています。

みんなのミシマガジン「第1〜47回 今日の人生」
http://www.mishimaga.com/kyonojinsei/047.html




自分の"今日の人生"は、どんなだっけ。

言葉にするのが難しいので、ラクガキで。





違和感の赤い四角形。

どこに行くでもなく、何かするでもなく。

深呼吸を忘れる日々。













2017年9月12日火曜日

漫画メモ 「ボールルームへようこそ」



「ボールルームへようこそ」という漫画に、ハマりつつあります。



やりたいことも、取り柄も自信も、主張したい自己もない平凡な少年(中三)が、路上でカツアゲされている最中に、なぜかダンスと出会ってしまい、周囲を巻き込みながら、踊る自分を突き詰めていく…そんなお話です。

埋もれていた天才性が見いだされて、目を見張るほどの成長を遂げていくという物語が「楽しい」のは、なぜなのか。

自分はそんな天才性とは無縁だと思っていても、何かがグロテスクなほど勢いよく育っていく様子(物語)を見ることで、不思議なエネルギーを充填されるような気がしてくるのが不思議です。

私の他にも、そんなふうに感じる読者が多いからこそ、こうした物語が人気になるのかもしれません。

でも、このエネルギーって、何なんでしょうね。







( _ _ ).。o○




春先に心身の体調を崩してから、ずっと中断してたのですが、そろそろまた自分の状態を直視する勇気が溜まってきたので、諸々の健康管理週間を少しづつ再開することにしました。


んで、昨日から、体重の記録をつけ始めました。


記録をつけるのをやめた時点から、六キロほど増えてしまっていました。

まずはこの増えた分を、ゆっくり落とそうと思います。


不思議なんですけど、記録とっているだけでも、結構体重が落ちることがあります。
自分の体に、きちんと意識を向けるからかもしれません。

ダンスはとても踊れそうにありませんが(歩くのも痛いありさま…orz)、健康管理、がんばります。