2017年9月10日日曜日

知的障害者「愛護」デー??

pixabayで「愛護」で検索して出てきた画像…





Twitterで流れてきて知ったのですが、今日(9月10日)は、


知的障害者愛護デー


という日なんだそうです。


この文字列を見たとたん、なんともいえない違和感を覚えたので、いったいどういう経緯で制定された「デー」であるのかを、ネット検索で調べてみました。


すると、あちこちに、この「デー」に関する説明がありました。


【牛タンの日】9月10日は何の日?【まとめカレンダー】
https://matome.naver.jp/odai/2140741366192022301/2140741753595860003


・知的障害者愛護デー
日本精神薄弱者福祉連盟(現在の日本知的障害福祉連盟)が1964年に「精神薄弱者愛護デー」として制定。



へー……。


というわけで、「日本知的障害福祉連盟」のホームページに飛んでみたのですが…

http://www.aigo.or.jp/

こちらを「サイト内検索」してみても、「知的障害者愛護デー」に関する記事は、存在していないようでした。


また、あちこち眺めてみても、この「デー」にちなんだイベントや活動なども、見当たらない様子です。


どうやら、この「デー」は、有名無実化しちゃった可能性が高そうです。



それにしても、人間に対して「愛護」するという表現を使うことに対して、ぬぐい去れない違和感を感じます。

それは、広く知られている「動物愛護(週間)」という言葉の影響もあるのかもしれません。


「動物愛護」であれば、うるわしい慈愛に満ちた、人としての適切な行動を連想できるのに、

「知的障害者愛護」

と言われると、なんだかうっすらと、人権無視した親切の押しつけ的な気配を感じてしまうのは、どうしてなのか。

自分が、重い知的障害を持つあだきち君の母親だから、ことさらにそういう感じを持つということも、もちろんあるのかもしれません。

でも、記念日を制定して、「その日(だけ)は知的障害者をしっかり愛護しましょう」という取り組みを行うことは、これからの知的障害者福祉の向かう方向とは、相容れないものであるように思うのです。


この「デー」が制定されたのは、1964年。

まだ「精神薄弱者」という言葉が現役だった時代です。



有名無実化しちゃっているものであるなら、いっそのこと、取り消しちゃえばいいのにと思うのですが。


こういうのって、どうやって取り消すんでしょうね。(´・ω・`)





0 件のコメント:

コメントを投稿